既読スルーは避けたいけど返すのが面倒くさい時もあります

ラインを使っていて、一番気を遣ってしまうところといえば、相手からきたメッセージに対して、返信が遅くなってしまうことです。
最近は、ラインを使うコツも慣れてきてわかってくたけれど、使いはじめの当初はとくに、メッセージがきたらとりあえず開封して読んでいたので、自然と既読マークがついていました。
でも、最近は、メッセージがきても、自分が返信出来る余裕のある時にしかメッセージの開封をするのをやめるようにしています。
そして、アプリで、ラインを開封しなくても中身を読めるものがあるのです。もちろん、既読マークがつきません。
これhs、とtrも便利です。
既読マークがついてるのに、返事がこないって色々と人間関係を考えてしまうことになります。そして、今まで良好だった人間関係も、ギクシャクしてしまう原因にもなりかねません。
こうしたアプリを使うことで、そうした人間関係に悩む必要もないです。自分の余裕持って返事のできるときに、開封してあげるのが良いのかもしれません。
付き合ってる人がいる場合も、自分がいそがしいときは、それほど重大事なことの内容以外は、既読マークをつけないようにします。
そして、仕事がいそがしくて、とか、携帯の電池が切れちゃっててごめん、とか、そいういう理由をきちんとフォローに入れて伝えてみることが大切です。
決して、放置したままにはしない方がいいです。色々と気を遣って大変かもしれませんが、ネット社会の現代は、こうした駆使をして人間関係が成り立っているのだと思います。相手を思いやって伝える、それがsらに大切になってきています。
また、気をつけたいのが、ラインを開封してないにもかかわらず、その間にこういう場所にいってきた、遊んできて楽しかった、とか、その日にFacebookとかブログに載せないほうが、賢明でしょう。そこから、まら人間関係がややこしいことになってしまうので、これは気をつけたほうがいいです。
楽しく、便利なラインを使っていきたいものです。